設置事例の検索

27 件のうち 1 から 10 を表示する
Case banner
「自然の叡智」を共通のテーマに
2005年、国際博覧会「愛・地球博」。グルンドフォスは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5カ国が共同で出展した北欧共同館にオフィシャルスポンサーとして参加。万博会場のさまざまな施設でグルンドフォスのポンプが採用されました。
「人・モノ・文化」が交差する新拠点で 快適な毎日を過ごせる空間を届ける
2015年4月10日、埼玉県富士見市に、リージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」が開業しました。エンターテインメント機能の充実や、“コト消費”とショッピングを融合させた「体感型店舗」を誘致するなど、「ららぽーと」の新しい試みへの基幹店となるこの施設でも、グルンドフォスのポンプが活躍していました。
「創エネ」で地域に貢献し安心を支えるスマートシティ
近年、ITや環境技術などの先端技術を駆使し、エリア全体の電力などの有効利用を図ることで、環境へ配慮し、省エネ・省資源化を徹底したスマートシティが注目されています。新しい郊外型の街として設計・建築が進められている、柏の葉キャンパス駅に隣接する柏の葉スマートシティ「ゲートスクエア」もそのひとつ。ここでもグルンドフォスポンプが省エネに貢献していました。
ESCO事業に新提案
グルンドフォスポンプ株式会社のピーター・ビストラップ社長は、鈴木康友浜松市長を表敬訪問し、ESCO(エスコ)事業の実施に伴い同社のポンプが採用されたことについて謝意を伝えました。
SQFポンプを活用した「アキュイン」で世界の水環境の改善に貢献したい
静岡県浜松市、市街地のほど近くに位置する佐鳴湖。水質汚濁問題が深刻化する状況の中、「美しい湖を取り戻そう」という人々の決意から生まれた浄水装置アキュインで、 グルンドフォスのSQFポンプが活躍しています。
オリオンビール株式会社 名護工場 地域に根ざした、おいしさと品質に貢献するCRNシリーズ
沖縄県本島北部は、山や森林が多く残り、昔から「山原(やんばる)」と呼ばれてきた地域。この豊かな自然に囲まれた名護市東江(あがりえ)にあるのが、オリオンビール名護工場です。 沖縄のビールといえば、真っ先に名前があがるオリオンビール。 そのおいしさと品質維持に、グルンドフォスのポンプが貢献しています。
グローバル展開で強みを発揮
中規模企業ながら、意欲的な世界進出を展開するモスニック株式会社。工作機械用のクーラントフィルターシステムでは、業界の最先端を走り続けています。
デュオセーヌ緑山 シニア向け集合住宅で、日々快適を届ける温泉ポンプ
東京都町田市の三輪緑山は、厳しい地区計画のもと住民が主体となって街づくりを行い、景観ランキングで日本一になったこともある閑静な住宅地。その地に新しい形の「住まい」を提案し建設されたのが「デュオセーヌ緑山」です。
ポンプオーディットにより最適なポンプ運用が実現
横浜ゴム株式会社新城工場(愛知県新城市)では、同サービスを利用いただくことによりマイナス51%のランニングコスト削減を達成しました。
伊豆急 伊豆高原分譲地 温泉供給事業温泉水の安定供給を維持し高いメンテナンス性で選ばれたCRNシリーズ
伊豆高原駅を中心として、東西に約120万坪という広さを持つ伊豆高原分譲地。開発から約50年の歴史を経て、海と山のどちらの楽しさも味わえる温泉リゾート地として名を馳せるこのエリアでも、グルンドフォスのポンプが活躍しています。