グルンドフォスグループ2018年業績

24/04/2019

Annual Report

グルンドフォスグループは堅実な収益性を維持しつつ、グローバル市場シェアを伸ばし、過去最高の売上を達成しました。

2018年、グルンドフォスグループの純売上は、約183億円(1DKK=16.65円換算)増加して、約4449億円となり、過去最高となりました。
これは現地通貨で既存事業売上高6.6%増です。
利払前税引前利益(EBIT)は約8億円増加し、約410億円に達しました。

「グルンドフォスグループにとって2018年はグローバル市場シェアを伸ばした力強い年になりました。過去最高の顧客ロイヤリティと、従業員のモチベーション・満足度を達成しました。また、特にデジタライゼーションとサービスの分野において、戦略的取り組みを強く牽引し続けました」とグループ社長のMads Nipperは述べています。

「我々の継続的な成長を推進する能力と、世界の気候と水の課題に対する有益な影響力とに、大変満足しています。しかしながら、利払前税引前利益(EBIT)の増加にも関わらず、貢献利益率は目標をわずかに下回って終わりました。これは成長への投資と、原材料価格の上昇、為替のマイナス影響によります」

カナダ、アメリカ、西ヨーロッパを含む重要なマーケットの売上は増加しました。
さらに、グローバルサービスビジネスは、既存事業売上高における約10年前の金融危機の終焉以来最高の成長率に大きく貢献しました。

「水とエネルギー効率の分野において持続可能な解決策がますます求められていることが、我々を後押ししています。我々の顧客とビジネスパートナーが、地球のためにより良い革新的・効率的解決策を遂行するという我々の熱意を分かち合ってくれていることに感謝します」


2018年財務要約
・純益粗利益は約183億円増加し、約4449億円
・既存事業売上高は6.6%増
・利払前税引前利益(EBIT)は約410億円

2018年業績財務指標