グルンドフォスグループの概要

file

グルンドフォスの製品


グルンドフォスは、年間出荷台数1,600万台以上を誇る世界でもトップレベルのポンプメーカーです。産業用うず巻きポンプ、空調用循環ポンプ、給水用、廃水用、および薬注用のポンプなどが主な製品群で、現在、グルンドフォスは循環ポンプ市場の約50%を占める主要メーカーです。
グルンドフォスでは、ポンプだけでなく、ポンプに関連した監視・制御用の最新電子機器に加え、標準水中モータも生産しています。これらは、新しい事業活動のひとつであるバイオブースターやライフリンクの部門で生産されています。グルンドフォスはまた、新技術を活用したブルーフレックスも発表しました。これはその装置が市場で最良のものだということを保障するものです。

グルンドフォスデンマーク 


グルンドフォスデンマーク (Grundfos DK the - Sales Company, Grundfos A/S - the Production Company and Grundfos Holding A/S) の主な企業活動は、1945年に設立されたビェリングブロという小さな町で行われています。その他、Aalestrup, Årslev, Brøndby, Farumという町に事業所があります。

地球規模の事業展開


グルンドフォスグループは、55以上の国で80以上の事業所を構えています。グルンドフォスの製品は、多くの国々でそれぞれの国の販売店により販売されています。

オーナーシップ


ポール・デュー・イェンセン財団は、独立したグループの経営機関として1975年に設立されました。今日、グルンドフォスホールディングスAGの株式は、この財団が86.7%、従業員が2%、残りの11.3%を創立者の家族が所有しています。
この財団の目的は、成長し続けるグルンドフォスグループの経済基盤を整備統合し、拡大することにあります。この財団の資金と利益は財団の目的だけに使用されます。つまり、利益はグルンドフォスグループに再投資されるということです。

今後の課題


グルンドフォスは70年以上かけて継続的な成長を遂げてきました。将来的にもこの成長を継続していくために、世界のあらゆる国々へ市場を拡大していく予定です。グルンドフォスは、大きな課題に立ち向かっています。それは、継続的発展や変化する世界への対応、そして画期的な技術開発などであり、世界規模での地球環境への貢献を含め、これらは私たちが革新的目標へと向かうモチベーションになっています。


    Facebook Twitter LinkedIn