性能曲線の右端を越えてポンプを運転するとどうなりますか?

性能曲線の右端を越えてポンプを運転するということは、ポンプの設計値を超える流量にて運転することになります。

つまり、システムの実際の要求流量に比べてポンプ容量が小さいということで、ポンプをこの状態で運転し続けるとモーターとポンプの両方が破壊される恐れがあります。

ポンプは常に推奨流量範囲内で作動させる必要があります。また、ポンプを長持ちさせ、かつエネルギー消費量を最小限に抑えるためにもポンプを最適効率点にできるだけ近い条件で運転することが理想的です。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati