キャビテーョンとは何ですか?

蒸気が詰まった泡の生成と破裂をキャビテーションと呼びます。この現象は、ポンプ内圧が流体の蒸気圧以下に降下した場所に生じます(流体の蒸気圧とは、流体が沸騰または蒸発し始める圧力を指します)。キャビテーションは、ポンプの必要有効吸込水頭(NPSHR)の条件が満たされない場合に生じ、ポンプに大きなダメージを与える場合があります。

キャビテーションを防ぐためには、ポンプ吸込部に常に充分な圧力がかかる(すなわち、有効吸込水頭(NPSHA)を満たす)ようにして流体の沸騰・蒸発を防止します。ポンプ吸込圧力が常に流体の蒸気圧を上回るようにしてください。注意:ポンプにキャビテーション現象が認められたら、吐出側の制御弁を閉じて流量を減らし、ポンプの吐出量を下げてください。ただし、冷却・潤滑に必要な流量は必ず確保してください。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati