ポンプモーターが全負荷電流を超えた場合はどうするべきですか?

ポンプが全負荷電流を超える理由には幾つかあります。

例えば、供給電源電圧の低下、三相電流の不平衡、モーターの短絡・地絡、配線の接続不良、高粘度・高比重、ポンプの拘束・接触等が考えられます。

これらの推定原因と対応策については、取扱説明書の「トラブルシューティング」の項で説明されています。

また、ポンプ容量が用途に対して不十分でポンプが定格流量を超えて動作していることも考えられます。この場合は、ポンプのモーター電流が制限値内に入るまでシステムの吐出弁を絞ってみてください。また、モーター保護の為、保護装置の取り付けを推奨致します。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati