農業用配水

要旨

要旨

配水とは、旋回式のスプリンクラーまたは滴下システムやマイクロミスト装置などの様々な技術を用いて、作物に送水することを言います。

パイプ内やノズルの圧力と流量を適正に保つことは、エネルギー節約や水量増加につながることを意味します。これは農業において最もコストのかかる部分です。そしてポンプの適正な制御は、ポンプの空運転やモーター故障、そして電力供給の異常を防止することによって確実な給水を実現します。


【現代の農業用灌漑】

グルンドフォスは、エネルギーコストの削減、水資源の保守、そして高い生産性維持のための灌漑ポンプソリューションをご提供します。また、一貫した 知識や技術を持ち、灌漑用ポンプ装置における業界最大の製品群をご提供しています。グルンドフォスのポンプ装置は、効率が良く、性能の検査済みであり、現 代的な農作業に合うように設計されています。


グルンドフォスは、アプリケーションの内容に関わらず、現代の農業灌漑に必要な圧力と流量を供給します。可変速ポンプとポンプ台数制御装置は、ランニング コストを減らすために、ご使用状況の変化に合わせて自動で対応します。この装置の各ポンプは、次のポンプへスムーズに切り替えを行うため制御を行います。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
関連用途
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp