貯水池

概要

要旨

原水貯水池は、単に水を貯蔵しておく場所ではありません。 それは、水処理工程の第一段階です。 貯水池に水を貯蔵しておく時間、すなわち保存期間は、水中の粒子や沈泥が沈降し、水中に自然に生息する藻類や細菌、動物性プランクトンによる生物学的天然処理が実行されるまでの時間を指しています。

グルンドフォスでは、貯水池の管理に必要な部品を全て供給できます。貯水池の管理には、慎重な制御を通じて混合機で水を移動させて酸素を添加し続ける作業や、薬注システムで水質管理して調整する作業が含まれます。

負荷条件を変更するには、小さな揚程で大きな流量が処理できるポンプシステムが必要です。 グルンドフォス AFGは、巨大なタンクでの混合に最適なエネルギー効率の高いソリューションを提供して、流量をほぼ一定に保ち酸欠流域が発生しにくいバルクフローを形成させます。 フローメーカーが使用できない構造のタンクの場合、グルンドフォス AMD/AMG混合機をご利用いただけます。これは、耐腐食性材料で製造され、メンテナンスや修理が簡単で、過酷な環境下でも問題なく使用できます。

従来の化学的減菌では、塩化化合物を用いた方法が最も広く使用されてきました。 グルンドフォスでは、塩素ガス (Cl2)、次亜塩素酸ナトリウム (NaOCl)、二酸化塩素 (ClO2) などの塩化化合物を用いた減菌方法や、それに関するアドバイスをいたします。

グルンドフォスでは、凝集、減菌、pH値の調整など、各種技術に用いた大容量/小容量の薬注ポンプ装置一式をご提供します。 さらに、薬注工程や減菌工程を完全に制御するグルンドフォスの電子的・電気化学的機器は、お客様の既存のシステムにいつでも統合することができます。

グルンドフォスでは、ポンプソリューションの選定、設置、運転、メンテナンスに至るまで、お客様の様々な要件を満たすための専門知識を有しています。 また、グルンドフォスの試運転契約は、日常メンテナンスからスペアパーツやポンプオーディットに至るまでの全ての段階をカバーする正確な設置作業やサービス契約を保障します。

 





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati

ダウンロード


水処理用ポンプ

水処理用ポンプ

心臓部にポンプを使用した水処理。


水道事業プロフィール

1つ手前に戻る...

概要を見る。 Grundfos水処理施設プロフィールのパンフレット。


お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp