スチームボイラー

概要

要旨

グルンドフォス独自のスチームボイラー用ポンプは、様々な製造工程で優れた効率性を実現します。 それぞれの多段ポンプは スチームボイラーに1時間当たり 0.5 ないし 180 m3 の水を供給することができ、ポンプの台数を増やすことによって簡単に量を増やすことができます。

高圧や高温物質、そして周辺温度などの条件、またスチームボイラーで何度も起動や停止が行われても耐えるように設計されているグルンドフォスのポンプは、様々な局面で最適化されており、吸い込み条件が非常に厳しい用途でも効率良く運転します。 また、ポンプには、高温がもたらす損傷からシャフトシールを保護する空冷トップを装着することもできます。

課題ソリューション
高温の液体がポンプにダメージを与え、シャフトシールを破壊する可能性がある。グルンドフォスは余分な冷却をすることなく180度までの水温に対応するシャフトシールを専用に開発しました。
アプリケーションの吸い込み状態が悪い。低NPSHグルンドフォスポンプは、キャビテーションを排除しNPSHを効率良く削減することができます。
スチームボイラーのような高圧用途では、ポンプの運転に影響を与えることがある。グルンドフォスの高圧ポンプは、シャフトシールの寿命に影響を与えることなく最大50バールの圧力を発生させます。
エネルギー消費はお客様にとって重要である。グルンドフォスの高効率Eソリューションは、要件を自動でポンプ性能に適合し、エネルギー消費量を削減することができます。
在庫管理は電圧や周波数の違いによって困難である。グルンドフォスのEソリューションは、二重周波数・幅広い電圧レンジという特長があり、世界中で同じソリューションを適応することができます。
日々の操作の中でポンプの不具合を避けなければならない。グルンドフォスはポンプモニターを開発し、様々なパラメーターを監視することでポンプの故障を予想することができるようになりました。その測定値によって、ポンプの状態を評価することができます。
不安定なポンプ曲線は高効率ポンプの共通の問題である。グルンドフォスのEソリューションは、信頼性の高い規制を一段と進めやすくすることができるポンプ曲線を効率良く安定させることができます。

 

【注意事項】

  • 国の法令の多くでは、ポンプが速度制御されている場合にはポンプの小型化が許可されています。




    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
関連製品
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp