一次処理

概要

要旨

【スクリーニング】

生下水は、トイレットペーパー、繊維、ナプキン、そしてビニール袋や木片など大量の大きな物質を含んでいます。 こうした物質は、下水処理場の機械の目詰まりや不具合を防止するため、処理工程の最初に除去しなければなりません。 このため、処理場の沈砂池の段階でスクリーンが設置されます。

除去された物質を効果的に洗浄することで、廃棄物の量が著しく減少し悪臭を抑制することができます。 グルンドフォスでは、スクリーン運転の信頼性を向上させるべく、スクリーンを効果的に逆洗するポンプやコントロールソリューションをご提供します。

グルンドフォスのHydro MPC推定末端圧一定のシステムを使用することで、圧力を簡単に管理することができます。


【砂や油脂の除去】

機械処理では、大きな物質を除去した後に砂や油脂が除去されます。 廃水の生物学的処理を開始する前にこうした物質を除去することは、下水処理場の円滑な運転を実現する上で極めて重要です。

通常の方法では、絶えず通気されて有機物質が懸架状態に維持される通気式の砂や油脂用のチャンバーが用いられ、沈降や浮遊によって砂や油脂が除去されます。 砂や油脂が除去されずに一次浄化槽まで運ばれた場合、それ以降の工程で機械の目詰まりや磨耗が発生する恐れがあります。

砂の除去には、耐久性が高いポンプが必要です。 グルンドフォスのうず状インペラー付きSE/SL、Sポンプ製品群は、特に耐久性に優れ、大量の水の処理に合わせて設計されており、乾燥した場所にも水中にも据え付けることができます。


【均等タンク】

均等タンクは、大雨の際に余分な廃水を貯めておくために使用されます。 均等タンクは、処理タンクのサイズを小さくし、処理場全体の水力負荷を一定にできるため、廃水処理場のコスト最適化を図ることができる効果的な方法です。

グルンドフォスでは、雨水タンクの自動運転を実現する各種ポンプやソリューション、ならびに混合機や洗浄設備をご提供します。 水力負荷が低下して容量に余裕ができた場合、再び最適効率で廃水を移送させることができます。

雨水タンクはどんな寸法や形状にも製作できます。 システムの水理条件に応じて、入水と排水を、ポンプシステム、重力、またはその両方を利用して管理することができます。  グルンドフォスのSE/SL、S、KPL/KWMの各ポンプ製品群は、特に耐久性に優れ、大量の水の処理に合わせて設計されており、乾燥した場所にも水中にも据え付けることができます。 グルンドフォスのレベルセンサー製品群は、高い性能が要求される場合にも、ポンプシステムがその変動に対応できるように制御します。 これによって、均等タンクへの入水量と排水量が最適化されます。

制御・監視システムにより、効率と信頼性を向上させることができます。 グルンドフォスでは、電動機 の状態を監視し、最適な運転を維持するためのモーター保護 (MP204) を供給しています。


【一次浄化】

機械処理の後、一次浄化によって生物的処理前の有機物負荷を減少させます。 重力で粒子を沈殿させるだけで、廃水中のかなりの有機汚染物質を除去することができるため、生物処理の量やコストを削減する優れた方法と言えます。

一次浄化での沈殿に最適な状態を作ることが重要なため、沈殿に好ましい流動条件や流速になるように設計されています。 一次浄化で沈殿した物質は一次汚泥と呼ばれ、一次浄化機から汚泥処理に汲み出されます。 グルンドフォスのうず状インペラー付きSE/SL、Sポンプ製品群は、特に耐久性に優れ、大量の水の処理に合わせて設計されており、水中のみならず、陸上に設置できる機種もあります。

効率を向上させ汚泥の沈殿を改善するために化学薬品や高分子凝集剤を添加することができます。これによって、最大80%の懸架物質が除去されます。 グルンドフォスでは、凝集、減菌、pH値の調整など、各種技術に用いた大容量/小容量の薬注ポンプ装置一式を供給することができます。

ポンプシステムの腐食を防止し、長寿命を確保するためには、適切な材料を選択することが最も重要です。グルンドフォスでは、ポンプソリューションの選定、設置、運転、メンテナンスに至るまで、お客様の様々な要件を満たすための知識を有しています。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
関連製品
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp