温水ボイラー

概要

要旨

グルンドフォスの温水ボイラー用単段/多段ポンプは、最高140℃までに対応します。 全ポンプに、システム内の圧力と温度が一定になるよう、壁面取付型または内蔵型の周波数コンバータ (最大22 kW) が付属されています。 ボイラーの熱応力を防止するための分流路が必要な場合には、ボイラー内の温度を一定に保つための信頼性の高いポンプソリューションをご提供します。

課題ソリューション
高温の液体がポンプにダメージを与え、シャフトシールを破壊する可能性がある。グルンドフォスは180度までの水温に対応するシャフトシールを専用に開発しました。
アプリケーションの吸い込み状態が悪い。グルンドフォスの最新の低NPSHポンプは、NPSHを効率的に削減しキャビテーションを排除します。
機械調節バルブは非常に高額である。グルンドフォスのEソリューションは、水口が排出口の変動する上記要件を自動調整するような特定のバルブの必要性を完全に排除します。
異常な負荷特性はよく起こりうる問題である。グルンドフォスはポンプ曲線を拡大する専用のソフトウェアを開発し、効率性を高め設定曲線の外で運転することができます。
エネルギー消費はお客様にとって重要である。グルンドフォスの高効率Eソリューションは、要件を自動でポンプ性能に適合し、エネルギー消費量を削減することができます。そして、Eソリューションは国際的な効率標準を満たします。
在庫管理は電圧や周波数の違いによって困難である。グルンドフォスのEソリューションは、二重周波数・幅広い電圧レンジという特長があり、世界中で同じソリューションを適応することができます。そして、Eソリューションは必要な承認を得ることができます。

 

【注意事項】

  • ボイラーの分流機器は非常に高温の雰囲気や液体にさらされることがあるため、この厳しい条件に耐えうるポンプを慎重に設計することが重要です。




    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
関連製品
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp