暖房

概要

要旨

240℃まで使用できるグルンドフォスのうず巻ポンプは、加熱が工程の主要部分を占める、ほぼ全ての用途に適しています。

標準型単段うず巻ポンプや多段うず巻きンプは、最高120℃まで効率良く液体を循環させることができます。 それ以上の温度の液体は、ポンプのシャフトシールに過剰な負荷が加わって不意のシステム停止が発生しないように、慎重に取り扱う必要があります。こうした特定の課題を解決すべく、グルンドフォスでは、超高温水 (180℃) や熱媒油 (240℃) に対応できる特殊材を採用した剛性の高いポンプをご提供します。

どの加熱用ポンプにも、成形や低温減菌などの微妙な工程でも確実な温度制御を可能とする、周波数コンバータを装着することができます。

 

課題ソリューション
一定温度の維持が必須の工程がある。グルンドフォスの速度制御ポンプにより、一定温度を維持する必要がある。グルンドフォスの速度制御ポンプを適用することで、温度を一定に保ちます。
パラメーター制御の反応時間は、パラメーター規制に対するレスポンスタイムは、難しく信頼できないものに変わることがある。グルンドフォスのEソリューションは、的確な対処をするために、二次的影響や長い伝送時間を考慮するセンサーをご提供します。
油やその他液体の粘着性は温度変化の熱反応に利用されます。グルンドフォスは高い負荷に対応する大型モーターをご提供します。グルンドフォスは高い負荷に対応する大型モーターをご提供します。
エネルギー消費はお客様にとって重要である。グルンドフォスの高効率Eソリューションは、要件を自動でポンプ性能に適合し、エネルギー消費量を削減することができます。そして、Eソリューションは国際的な効率標準を満たします。電圧や周波数の違いによって困難である。
熱水の汲み上げはポンプの低吸い込み圧の問題を引き起こす可能性がある。その結果、ポンプのキャビテーションの危険が出てくる。グルンドフォスの低NPSHソリューションがこの課題を解決に導きます。


【注意事項】

  • 超高温では、特定の用途に使用されるゴムの種類を慎重に考慮することが重要です。 工程の一部に油が関与する場合もゴムが油で溶解することがあるため、同じことが当てはまります。
  • 各種の異なる油を汲み出す場合、温度変化によって流体の粘性が大きく変化するため、モーターのサイズを慎重に選択する必要があります。
  • 湯を汲み出す場合、ポンプ吸い込み口の圧力が著しく低下することにより、ポンプ内に空洞が形成されるという問題が発生することがあります。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
関連製品
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp