粉塵抑制

概要

要旨

粉塵抑制は採鉱における重要な要素です。粉塵抑制では、原水の必要量を削減するために、沈降タンクのプロセス水を再利用します。採鉱では粉塵の発生を避けることはできず、これによって配管や機械部品が目詰まりするため、メンテナンスや修理が余計に必要となってきます。

散水システムは、工程で発生する粉塵や逃散粉塵放出を管理する上で、最も効率的で経済的な方法です。グルンドフォスのポンプシステムは短時間に大量の水を移送させることができるため、大型ノズル列の構造を使用し、ろ過の必要性を最小限に抑えることができます。

沈殿池は廃水内の有機物負荷率を下げ、重力を利用して不純物を除去させることができるため、それ以降の廃水処理の工程や経費を削減する経済的な方法となります。ここで発生した水はろ過され、選鉱工程や粉塵抑制で再利用するため処理されます。

グルンドフォス Hydro MPC多段圧力ブースティングシステム製品群を用いると、圧力ゾーンを簡単に管理できるようになります。そして沈降タンクからの水の移送を最適化することで、タンクへの注水や散水システムへの給水がしやすくなります。

グルンドフォスのAP排水ポンプ製品群は、クロム鋼やシリコンカーバイドなどの高純度の材料を使用して頑丈に製造されており、立て坑にも、仮設置や定常設置にも理想的なポンプです。また、砂などの磨耗材によって高圧ポンプの性能が劣化することもありません。グルンドフォスのDWK排水ポンプ製品群は鋳鉄を用いた幅狭構造が特徴であり、グルンドフォスAP製品群よりも小石などを高速で吸い上げることができます。

ポンプシステムの腐食を防止し、長寿命を確保するためには、適切な材料を選択することが最も重要です。グルンドフォスでは、ポンプソリューションの選定、設置、運転、メンテナンスに至るまで、お客様の様々な要件を満たすための専門知識を有しています。 また、グルンドフォスはコミッショニング契約やサービス契約をお客様の要件に合わせて調整し、スペアパーツ類についてもまた調整することができます。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
関連製品
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp