減菌処理

概要

要旨

減菌は、有害微生物をろ過したり、飲料水の純化処理 の最終段階で減菌用薬品を添加することによって実現され、 フィルターを通過する病原菌を排除することによって水が減菌されます。 消費者の手元に届けくまでの数日間、配水システム中に飲料水が留まっている可能性があるため、公共の水道水の中には、ある程度の減菌剤を残しておかなければならないと規定している国がほとんどです。

グルンドフォスでは、凝集、減菌、pH値の調整など、各種技術に用いた大容量/小容量の薬注ポンプ装置一式をご提供します。 さらに、薬注工程や減菌工程を完全に制御するグルンドフォスの電子的・電気化学的機器は、お客様の既存のシステムにいつでも統合することができます。

従来の化学的減菌では、塩化化合物を用いた方法が最も広く使用されてきました。 グルンドフォスでは、塩素ガス (Cl2)、次亜塩素酸ナトリウム (NaOCl)、二酸化塩素 (ClO2) などの塩化化合物を用いた減菌方法や、それに関するアドバイスをいたします。

グルンドフォスでは、大型スプリットケースポンプや混合流ポンプ (圧力増加より水の移動を重要視している) から、代表的な立形多段遠心ポンプ (CR) 、さらにその他各種ポンプを含め、逆洗に関する流量条件の大きな変化に対応するポンプソリューションをご提案します。

グルンドフォスでは、ポンプソリューションの選定、設置、運転、メンテナンスに至るまで、お客様の様々な要件を満たすための専門知識を有しています。 また、グルンドフォスの試運転契約は、日常メンテナンスからスペアパーツやポンプオーディットに至るまでの全ての段階をカバーする正確な設置作業やサービス契約を保障します。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati

ダウンロード


水処理用ポンプ

水処理用ポンプ

心臓部にポンプを使用した水処理。


水道事業プロフィール

1つ手前に戻る...

概要を見る。 Grundfos水処理施設プロフィールのパンフレット。


お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp