廃水の化学処理

概要

要旨

化学処理は、廃水の水質改善や細菌の繁殖条件の最適化を果たすために、廃水処理プラントの多くで行われています。

廃水の条件によって異なる化学処理方法が採用されますが、主にリン除去やpH値の調整のための化学沈殿が含まれます。 それ以外にも、炭素の利用が窒化物から窒素へのバイオ転換における制限因子となる場合には、外部炭素源の追加が含まれます。

多くの化学薬品は反応性が高いため、薬注ステーションは薬品ごとに個別に設計する必要があります。 これは、薬品貯蔵庫や薬注ポンプ、混合機や配管の設計に加え、関連の安全手順に従って実行されます。

グルンドフォスでは、特殊な知識を有しており、お客様の要件や関連の安全規則、そして薬品貯蔵庫やお客様の既存システムに応じて、濃縮液や既製溶液、そして乾燥薬品などの薬品を使用する薬注ステーションをカスタマイズすることができます。

グルンドフォスでは、ポンプソリューションや定量システムの選定、設置、運転、メンテナンスに至るまで、お客様の様々な要件を満たすための専門知識を有しています。 また、グルンドフォスの試運転契約は、日常メンテナンスからスペアパーツやポンプオーディットに至るまでの全ての段階をカバーする正確な設置作業やサービス契約を保障します。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp