ボイラー給水

概要

要旨

製造工程は、信頼性が高く効率の良いボイラー運転に大きく左右されます。 グルンドフォスの蒸気ボイラーや熱水ボイラー、そして熱媒油ボイラー用の高耐久給水ポンプが、どんな過酷な状況下でも最適な性能を確保するように設計されているのは、このような理由からです。

グルンドフォスの給水ポンプは、温度、圧力レベル、蒸気の質といった点で最適な工程を作り上げるため、周波数コンバータを備え付けられるようになっています。 工程の一部として補給水が組み込まれている場合、薬注ポンプを使用することにより、極めて正確に添加剤を投薬することができます。


蒸気:

給水ポンプにとって、蒸気ボイラーは、最も過酷で故障の発生しやすいアプリケーションのひとつです。 この工程では、高圧で高温、そして起動と停止の繰り返しによるストレスの多いポンプ動作が含まれます。 そのため、過酷な条件下でも使用できるように、グルンドフォスの多段給水ポンプはあらゆる点で最適化されており、極めて悪い吸い込み状態にも難なく対応します。 さらに、高温による損傷からシャフトシールを保護する空冷トップと、工程を監視して異常を警告するモニターをポンプに装着することもできます。

熱水:
グルンドフォスの熱水ボイラー用単段シャフトポンプは、最高で110℃まで対応し、ボイラー内の熱水の温度を一定に保ち、各工程に必要な熱水を確実に供給します。

熱媒油:
熱媒油は、高圧が必須とされる工程において、蒸気の最適な代用品として使用されています。 グルンドフォスの熱媒油用給油ポンプは、単段ポンプと多段ポンプの両方があり、最大で240℃まで対応します。

課題ソリューション
高温の液体がポンプにダメージを与え、シャフトシールを破壊する可能性がある。グルンドフォスは熱媒油を含む240度までの液体に対応する専用のソリューションをご提供します。
アプリケーションの吸い込み状態が悪い。グルンドフォスの最新の低NPSHポンプは、NPSHを効率的に削減しキャビテーションを排除します。
スチームボイラーのような高圧用途では、ポンプの運転に影響を与えることがある。グルンドフォスの高圧ポンプは、シャフトシールの寿命に影響を与えることなく最大50バールの圧力を発生させます。
気温制御が工程の一部にある時、ポンプの材料は熱膨張と熱収縮によりストレスを受ける。グルンドフォスの速度制御ポンプを適用することで、温度を一定に保ちます。

 





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati
お問い合わせ
コンピテンスセンター

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp
サービス部

電話番号

053-428-4769

FAX

053-484-1013

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp