地下階から地上52階まで315mを一気に揚水 都心の新ランドマークを支える立形ポンプ

Overview_TEXT

要旨

構想から実に68年。「環状第二号線新橋・虎ノ門周辺地区整備計画」のランドマークとして開業した虎ノ門ヒルズ。新時代のロールモデルとして徹底した省CO2対策を実践しているこの超高層複合タワーにもグルンドフォスのポンプが60台以上採用され、快適性を支えています。
 

2014年6月11日、期待と新構想を集結した超高層複合タワー、虎ノ門ヒルズがオープンしました。新橋・虎ノ門地区の再開発・道路事業が「環状第二号線計画」としてスタートしたのは、戦後間もない1946年のこと。この一大プロジェクトは、時代の流れと都市の成長の中で変化を続けました。1989年には新しく制定された立体道路制度により道路上の建築が許可され、都市づくりは多様性を見せます。虎ノ門ヒルズは地下1階部分に環状二号線を抱え込む道路一体建物として、2002年に計画が決定。環状第二号線新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業として、2011年に着工されました。約3年後、地上52階、地下5階、延床面積244,360m2のスタイリッシュなビルは、オフィスを中心に店舗・住宅・ホテル・カンファレンスを要する超高層複合タワーとして新しいランドマークとなったのです。



スーパー省CO2ビルを目指し新開発したLOBASシステム

虎ノ門ヒルズが数ある高層ビルの中でも特徴的なのは、道路の上に建設され敷地を有効利用していることだけではありません。ホテルやカンファレンスは文化交流の場として国際都市東京の一翼を担い、地元への貢献・還元の推進を目指しています。またそこに集う人々と環境への配慮にも積極的に取り組み、敷地内には約6,000m2もの広場を設けて積極的に緑化を図り、北側には歩行者がゆったり歩ける舗道状スペースを取るなど、屋外空間としても快適です。省CO2への高い意識で採用された施設整備には、「環境共生型高次複合拠点」としての新しい試みがあり、計量化・見える化などの画期的なシステムを採用しています。とりわけ、東京電力とコラボして研究に取り組んだ、LOBAS*と名付けられたスーパーヒートポンプシステム(超高効率熱源)は画期的です。


設計統括部 設備設計部 設備設計グループリーダー、関輪さんによれば、「第1の特徴は中温冷温水を利用した空調システムです。一般的なビルでは、冬の暖房時には45℃、夏の冷房には7℃程度の熱源を使います。しかし虎ノ門ヒルズでは、あえて温水温度を下げ、冷水温度を上げて動かしています。一般家庭でもエアコンの温度を1℃上げ下げすることで、かなり節電になることはご存知だと思いますが、高層ビルにおいても高い省エネ効率が期待できます。私たちは37℃の低温水と13℃の中温冷水を使うことで、高COP( 成績係数) 運転を実現し効率化を図っています」そこには空調用だけで、48台ものグルンドフォスのポンプも省エネ運転を支え、約10万m2 の全オフィス空調をまかなっています。

地下階の機械室には、5つのターボ冷凍機と4つの蓄熱槽を配し7℃の冷水、44℃の温水、13℃の中温冷水、37℃の低温水と、テナントと施設に合わせた温度供給を行っています。

「次に、熱回収システムです。45℃の排熱回収ダブルバンド式ターボ冷凍機の採用で、冷房廃熱をホテル等の暖房熱源として利用したり、汎用ターボの冷凍機冷却水(39℃の中温水)をオフィス暖房に利用するなど、無駄のない複合用途として活かしています。

さらに6,700tを誇る大規模な蓄熱槽熱源システムでは大深度のシリンダー型蓄熱槽に加え平型連結多層型蓄熱槽を設置しました。安価な深夜電力で熱を貯め、それを昼間に供給する。経済性もさまざまな方法で追求しています」設備設計担当として、関輪さんの説明にも熱がはいります。

省CO2ビルとして徹底的にスペースの有効利用をも考えている虎ノ門ヒルズでは、駐車場のらせん状スロープの中心や丸形の柱もシリンダー型の大型蓄熱層として活用しています。その深度は約30m、日本でもトップクラスです。
* LOBAS = Low-carbon Building and Areaby Sustainability



培ってきたデータ実績で東京をリードするオフィスづくりを

「中温冷温水を採用した空調システムを実際にテナントビルに採用したのは初めてだと思います。私たち運営の現場が常に意識しているのは、どうやったらお客様に快適な空間を提供しつつ、コストを下げられるかということです。テナントビルですので快適性は必須です。システムの採用は今まで私たち森ビルが培ってきたオフィスビル運営のデータ実績からも運用可能と判断した結論です。森ビルは、テナントビルを自社管理し、必ず社員を常駐させています。そのためお客様の声も直接、タイムリーに聞け、細かいことまで状況を把握できるというメリットがあります。また、そうしたデータを吸い上げ管理部と設計部で情報共有し、お互いフィードバックして新しい物件へ活かしていく体制があります」

そう語るのは、管理事業部 ビル管理部 虎ノ門ヒルズ管理グループ課長の生井さん。
「特殊、あるいは複雑なシステムにすることによって、やはり管理コストもかかります。しかし時代の流れはさらに省CO2へ向かっており、国も東京都も積極的に取り組んでいます。虎ノ門ヒルズは注目度も高く、私たちも協議を重ねながら率先して東京をリードしていくオフィスづくりをすべく、施設管理にのぞんでいます」

虎ノ門ヒルズの高層階にはオフィスの他にホテル・住宅があり、屋上の高架水槽への揚水が必要です。

揚水用には高揚程に幅広いラインナップのグルンドフォスのポンプが18台採用されました。前段・後段、ユニットに組まれたCRN直列タイプが一気に屋上の高架水槽まで汲み上げており、315mの高揚程を実現しています。グルンドフォスのポンプは既存の製品で対応でき、ユニットとしての組合せが容易で特注する必要がなかったことも採用理由の一つでした。オフィス・ホテル・住居と、階層・用途それぞれにあわせた供給に、高い設備応用力で応えています。



お客様のサービスのために容易なメンテナンスを

「これだけの規模のビルになると、空調用・衛生用ともに、かなりの揚力を持つポンプが不可欠です。数も必要となれば機械室のスペース効率も課題の一つでした。無駄な面積を極力抑え、わずかなスペースもコスト回収できるよう企業努力するのがテナント業です。

グルンドフォスの立形ポンプは、省スペースということはもちろんですが、ユニットが組みやすいというメリットもありました。設計の自由度もあり現場の工期短縮にもつながると聞いています。通常、中間層階にもポンプを入れ2段に分けて揚水するところ、今回は中間層を省略することにも貢献できています。見た目もコンパクトですっきりしているため、機械室の有効スペースを確保できます。振動も少なく、音も小さいように思います。管理部の立場からは、メカニカルシールの交換がカートリッジタイプなので、いざというときカップリングを外せば簡単に交換できるのはありがたいですね」

管理事業部 ビル管理部 虎ノ門ヒルズ管理グループ リーダーの野村さんは、現場の実感を伝えてくれます。

「日常の点検も目線の位置でメカニカルシールや軸の確認ができ、メンテナンスもしやすいと思います。私たちのビジネスは、お客様へのサービスが滞ったり、問題復旧に時間がかかってしまうことをいちばん嫌います。迅速な対応はもちろん、製品・パーツの供給など、バックアップ体制がしっかりしているメーカーであるということは大きな安心材料です」

虎ノ門ヒルズは港区とも協定を結んでおり「逃げ込める街」として万が一の災害が起こった際、近隣の帰宅困難者3,600名を受け入れる体制が整っているといいます。約4万食の食糧の備蓄、テナント用発電機、さらに森ビルオリジナルの地震被害度推測システム「e-Daps」も完備し、盤石の体制で管理しています。実は、計66台のポンプ以外に防災用の井戸にもグルンドフォスの深井戸水中ポンプSPが使われているのです。

環状第二号線は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催時には選手村とスタジアムを結ぶ重要な役割を担う道路になります。虎ノ門ヒルズはエリア再興の象徴として、また知識情報産業拠点として、東京を牽引する立場でありたいと積極的に新システムに取り組んでいます。

都心の新しいランドマークの中で、お客様へのサービス向上と安心のために、グルンドフォスの数々のポンプも現場をサポートしています。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati

主題:

地下階から地上52階まで315mを一気に揚水都心の新ランドマークを支える立形ポンプ

場所:

日本

会社名:

森ビル株式会社

関輪 一弥様

設計統括部 設備設計部
設備設計グループ
リーダー 関輪 一弥さん

生井 良文様

管理事業部 ビル管理部
虎ノ門ヒルズ管理グループ
課長 生井 良文さん

野村 勝様

管理事業部 ビル管理部
虎ノ門ヒルズ管理グループ
リーダー 野村 勝さん

ターボ冷凍機用冷却水ポンプTP

ターボ冷凍機用冷却水ポンプTP

冷水二次ポンプCR

冷水二次ポンプCR

冷水放熱一次ポンプTP

冷水放熱一次ポンプTP

CRN

一気に315mを汲み上げる、前段・後段組まれたホテル用大型揚水ポンプCRN( 

PROJECT
納  入 先:森ビル株式会社 虎ノ門ヒルズ
設置場所:地下階
導入製品: 空調用 TP65 ~ 200
       CR5 ~ 150・CRN5 48台
       衛生用 CRN15 ~ 120 18台
用   途:虎ノ門ヒルズ 空調循環
       揚水システム

Contacts_TEXT

お問い合わせ

問い合わせがございましたら、下記フォーマットに内容をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp

お問い合わせ

問い合わせがございましたら、下記フォーマットに内容をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp