ESCO事業に新提案 

Overview_TEXT

要旨

グルンドフォスポンプ株式会社のピーター・ビストラップ社長はさきごろ、鈴木康友浜松市長を表敬訪問し、ESCO(エスコ)事業の実施に伴い同社のポンプが採用されたことについて謝意を伝えました。


浜松市役所の空調設備にグルンドフォスのCRとTPが採用

同市では、公共建築物の環境負荷低減に取り組んでおり、ESCO事業をその重要な一環と位置づけています。

本庁舎設備機器の老朽化が進んでいた同市では、それらの更新を計画。維持管理コストの削減、地球温暖化防止への貢献を考え、省エネのための包括的なサービスが受けられるESCO事業の導入に踏み切りました。同事業によるエネルギー改修項目は8項目。

その中核的項目である「高効率熱源システムの導入」として、グルンドフォスポンプのCR、TPを地下空調用に導入。9月から稼動を始めています。本庁舎のESCO事業では、これらの改修により約20%の省エネ達成を見込んでいます。


浜松市長に謝意を表明

鈴木市長を訪ねたビストラップ社長は、製品の採用に加え、本社を置いている同市からさまざまな支援を受けていることに感謝しました。これに対し、同市長からは「浜松市は物流とものづくりのまち。高品位のものづくりをしているグルンドフォスを応援しています」とのエールが送られました。

9月19日~11月23日に同市で開かれた「浜松モザイカルチャー世界博2009 浜名湖立体花博」にも、グルンドフォスのSPが採用されています。

 

ESCO事業とは?

事業者が省エネ改善に関する包括的サービスを提供することにより、顧客の利益と地球環境保全に貢献するビジネスのこと。

ESCOのしくみ

1. 事業者が診断に基づいて省エネ提案を行い、その効果を保障するパフォーマンス契約を施主と結ぶ。

2. ESCO契約中は、省エネで実現した光熱費削減分の一部を事業者に報酬として支払う。

3. 契約終了後は、光熱費削減分は施主(お客様)が事業メリットとして享受できる。


ESCOのメリット

・省エネ効果をESCO事業者が保障。

・光熱費削減分で経費を補うため、新たな費用負担がかからない。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati

主題:

ESCO事業に新提案 CR、TPが浜松市役所の省エネルギーに貢献

場所:

日本

会社名:

浜松市役所

Contacts_TEXT

お問い合わせ

問い合わせがございましたら、下記フォーマットに内容をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp

お問い合わせ

問い合わせがございましたら、下記フォーマットに内容をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp