「自然の叡智」を共通のテーマに

Overview_TEXT

要旨

愛・地球博でグルンドフォスのポンプが活躍

2005年、日本は国際博覧会「愛・地球博」に湧きました。グルンドフォスは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5カ国が共同で出展した北欧共同館にオフィシャルスポンサーとして参加。万博会場のさまざまな施設でグルンドフォスのポンプが採用されました。

グルンドフォスのポンプが採用されている場所で、最も特徴的なのは森林体感ゾーンの日本庭園です。ここでは、幻想的な雰囲気を演出する霧をグルンドフォスのポンプが作り出しています。

日本庭園で霧を出すというアイデアが持ち上がったとき、当初は一系統で霧を発生させる計画だったため、ブースターポンプBM17-16を3台直列に配置する設計でした。しかし、造園工事が進む中で、演出の観点から5系統に分散して発生させることになり、高圧ポンプ(5.0MPa)が5台必要になりました。

予定していた横置きのポンプ5台では、すでに工事が完成していたポンプ室内に収まりません。そこで、各ポンプメーカーから仕様書を取り寄せましたが、なかなか条件に合うものがありませんでした。そんな中で唯一、グルンドフォスのCRシリーズだけが要求された圧力、スペースを満たすことができたのです。

こうして、日本庭園にCRNEシリーズが採用されることになりました。CRNEの「E」は電子制御機能付きを意味します。霧の強弱を付けるために、速度制御機能付きのEポンプが選ばれました。

ヨーロッパでは標準として販売されているインバーターモーター(3×400V)搭載のCRNEを採用することにより、霧の強弱を付けるために必要な圧力制御が可能になっただけでなく、通常であれば制御盤内に収める外付けインバーターが不要になり、制御盤のサイズが大幅に縮小されました。CRシリーズを採用することにより、最大限の省スペース化を実現した事例と言えます。

【修景的な用途にはCRシリーズが最適】

ポンプの施工に当たった豊国工業株式会社の設計部係長、炭田隆志さんはグルンドフォスのポンプに関し、次のようにコメントしています。

「圧力を出せるポンプは他にもたくさんありますが、音がやかましい。他社のポンプを試験した時はものすごい機械音、振動がありました。今回の日本庭園のように、修景的な用途で音がやかましかったら雰囲気が台無しになります。その点、グルンドフォスのポンプはとても静かなんです。これは、他社のポンプにはない特長です」

同社工事部課長を務める桐山直樹さんは現場の立場からCRシリーズのメリットを語ってくれました。「グルンドフォスのポンプは軽くて、施工が楽ですね。日本庭園にポンプが設置されるころには造園が進んでいて重機が入れなかったため、手で運ばなければなりませんでした。CRシリーズは作業がしやすかったです」作業のしやすさという観点では、CRシリーズにはもうひとつ特長があると、炭田さん。「横置きポンプの場合はベースにひねりができるため、モーターとポンプの芯がずれ、現場での芯出し作業が大変になります。一方、CRシリーズは下のベースが多少ねじれていても芯が狂いません。芯出し作業は熟練工しかできない作業ですので、時間の大幅な節約になります」

 

【メンテナンスが簡単なことも魅力】

修景的な工事が多いため、豊国工業では高圧が必要な場合はいつもグルンドフォスをお使いいただいているといいます。長く使用している経験の中で、炭田さんからは次のような意見もありました。

「グルンドフォスのポンプは軽いのですが、しっかり作ってあるようで丈夫です。正しく使えば非常に長持ちします」また、素人でも簡単に取り替えられるメカニカルシールの採用など、メンテナンスの容易性を考えた設計になっていることも、大きなメリットと言います。さらに、メンテナンス時や納品時における、メーカーとしての対応も非常に重要と、桐山さん。「グルンドフォスは工場や担当者の対応が速い。特に今回の愛知博は急を要する現場でしたので、とても助かりました」


【「自然の叡智」の大切さを再認識】

日本庭園以外にも、グルンドフォスのポンプは万博会場のいたるところで活躍しています。主な場所に北欧共同館の湖(MTRシリーズ、DMEシリーズ)、遊びと参加ゾーンの象の噴水(SQEシリーズ、CU300制御ユニット)などがあります。いつもグルンドフォスのポンプを使っているお客さまが知らなかったような製品も導入され、グルンドフォス製品のラインナップの広さに改めて感心したという声も聞かれました。

愛・地球博がテーマとしている「自然の叡智」を軸とした社会は、グルンドフォスグループが目指す社会でもあります。このようなテーマを掲げた愛・地球博への参加は、自らが掲げる企業理念の大切さを再認識するきっかけとなりました。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati

主題:

「自然の叡智」を共通のテーマに 愛・地球博でグルンドフォスのポンプが活躍

場所:

日本

会社名:

愛・地球博

EXPO

森林体感ゾーンの日本庭園。霧が幻想的な雰囲気を演出しています。

EXPO
EXPO
Contacts_TEXT

お問い合わせ

問い合わせがございましたら、下記フォーマットに内容をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp

お問い合わせ

問い合わせがございましたら、下記フォーマットに内容をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

電話番号

中部:053-428-4760

FAX

中部:053-428-5005

ウェブサイト

http://www.grundfos.jp