Water2Life in ベトナム

water2life in vietnam

安全な水の不足

2013年、Water2Lifeは第2の活動をベトナムで始動しました。十分な水源はあっても口にできる飲料水が不足している事態に、グルンドフォスは3年で10のコミュニティに飲料水を提供することを目標に掲げました。

ベトナムにはメコン川という大きな川があり、水が豊富な国だと言えます。しかしそれに反し飲料水の不足に苦しんでいるのが現状です。水は金属や化学薬品、バクテリアなどによってひどく汚染されているのです。それに代え、人々は屋根に溜まる雨水や大きな瓶で雨水を回収し使用します。雨水は最も安全な飲み水として考えられていて、長期間保管されています。貧しい人々にしてみれば、割高なミネラルウォーターのボトルを購入するというような考えはありません。

乾季には、水中の化学薬品が凝縮され、日雇い労働者は外傷を防ぐために皮のブーツを着用することが義務付けられています。乾季に川で洗濯をしたり、川の中に入ることは皮膚に様々な悪影響をもたらすだけでなく、水が起因となる様々な病気が蔓延しています。

このような状況を踏まえ、Water2Lifeは3年以内にベトナムに安全な水を供給する活動を始動したのです。また、Water2Lifeは地元のNGO団体と協力をして、子供たちへ水に関する教育を実施する予定です。


Want to know more?
water2life

グルンドフォスのホームページに対する評価をお願いします。



その他コメント

メールアドレス