リスクをチャンスに変える –世界水不足の問題から考えること-

23/01/2015

We are highlighted for turning risks into opportunities

世界で発生している様々な問題に焦点を当てた最新のグローバルレポートで、”安全な水の不足”が注目を集めています。この問題の解決に向け、貢献できることはないでしょうか。

先日スイスのチューリッヒで開催されたサミットで、”Global Opportunity Report 2015”が発表されました。国連、Monday Morning、DNV Glasによって行われた世界規模の調査結果である本レポートは、まさに今世界が直面している様々な問題に焦点を当てています。その中の課題のひとつに、”安全な水の不足”が挙げられました。

国際人権法では、安全な水を入手する権利は世界中の誰もに保障されており、安全な水が不足することで健康や社会的秩序に悪影響をもたらすだけでなく、食やエネルギー安全保障に危険性を及ぼすともされています。

しかし、リスクあるところにチャンスあり、と捉えることはできないでしょうか。例を挙げるとすれば、これまでとは異なる方法で廃水を処理することで新たな資源を作り出したり、資源の再利用することにより他の資源をより自由に活用したりというようなことです。

この点で言うと、グルンドフォスとしてバイオブースター分散水処理装置を提案することができます。本レポートで水処理の可能性について挙げられていますが、工場や公共機関から出る廃水を環境に負荷を与えない方法で処理した後どう活用するか - その可能性は大いに広がっています。

“安全な水の不足は、私たちが長年に渡り懸念してきた問題です。それがこうしてようやく世間に認知されるようになってきたことは大きな前進です。しかしながらこの問題は、単純に資源の枯渇という言葉で片付けるのではなく、もっと深く考慮されるべきではないでしょうか。エネルギーと水は関連して起こりうることであり、将来的に私たちは水効率についてもっと考えなければいけないでしょう。グルンドフォスは引き続き、太陽エネルギー等の代替エネルギーを上手く使い遠隔地にも安全な水をより効果的に届け、人々の生活を大きく改善させられるよう、積極的にソリューションを提案していきます”

グルンドフォス グループコミュニケーション&パブリックアフェア部門の統括責任者、Kim Nøhr Skibstedは、そう話します。


Further info (英語)
Visit Grundfos’ homepage on the water and energy challenge here





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati