MAGNA3-ポンプの未来

magna 3
高い効率と信頼性

クラス最大の効率

新型循環ポンプMAGNA3は、現在市販されている製品の中で最も効率的な商業ビル用循環ポンプ・シ
リーズです。

これに定評のあるグルンドフォスの信頼性を組み合わせたMAGNA3は、投資をいち早く回収し、ライフ
サイクルコストの低減を望むすべてのユーザーにとって極めて魅力的なソリューションとなります。

グルンドフォスが独自に開発したインテリジェント制御モードAUTOADAPTにより、効率性と快適性の
両立が実現しました。

AUTOADAPTは比例圧力曲線を継続的に調節し、快適性を犠牲にすることなくより効率的な曲線を自
動的に設定します。 AUTOADAPTの出荷時設定により、80%の設備で手動による調節の手間が省け
ます。

AUTOADAPTの出荷時比例圧力曲線は、ポンプの最大揚程の55%に設定されています。 システムの
圧力が最大曲線に達すると、デューティーポイントがこの曲線に従って変化し、この新しいシステム・デ
ューティーポイントに基づいて新たな比例圧力曲線が作成されます。 そしてその後、この工程が最初
から再度スタートすることとなります。

 

レンジと用途

レンジと用途

Performance Range
MAGNA3の性能曲線/レンジ概要-シングルポンプ仕様、ツインポンプ仕様、鋳鉄仕様、ステンレス仕様

レンジが拡大したため、任意のデューティ-ポイントに対して、適切なMAGNA3を決定するプロセスが、はるかに簡単になりました。

MAGNA3は、鋳鉄またはステンレススチール製のシングル循環ポンプ、およびツイン循環ポンプ150機種で構成されるフルレンジ・ポンプ・シリーズです。 最大揚程は18m、流量は70m3/hとアップしています。 ツインポンプを全容量で運転すれば性能範囲がさらに拡大します。 レンジが拡大したため、任意のデューティーポイントに対して適切なMAGNA3を決定するプロセスがはるかに簡単になりました。

先行シリーズと同様に、MAGNA3も暖房/冷房用途や家庭用温水循環システムに適しています。 最低-10°Cの液体を扱えるように設計されているため、厳しい工業用用途や地表源ヒートポンプ・システムにも理想的です。

また、電子機器を空冷するため、液体温度(-10°C~+110°C)を周囲温度(0°C~+40°C)と独立して測定できます。

Resource dumped by HtmlRendererServlet

Resource path: /content/gjk/ja/about-us/news-and-press/news/magna3-the-future-of-pumping/jcr:content/news_content/blueprint/tab1_par/textquote_b313

Resource metadata: {sling.modificationTime=-1, sling.characterEncoding=null, sling.contentType=null, sling.creationTime=-1, sling.contentLength=-1, sling.resolutionPath=/content/gjk/ja/about-us/news-and-press/news/magna3-the-future-of-pumping/jcr:content/news_content/blueprint/tab1_par/textquote_b313}

Resource type: nt:unstructured

Resource super type: -

Resource properties

jcr:primaryType: nt:unstructured

改良されたコンポーネント

改良されたコンポーネント

 

MAGNA3のコンポーネントを示した展開写真(MAGNA3製品パンフレットより)

MAGNA3のインペラ、ポンプ・ハウジング油圧系、そしてモーターは、流体解析と3D開発ツールを用い
て相互に最適化されています。 新開発のインペラは、より高い回転数に対応するよう設計された複合
材製です。 インペラの羽根も以前の2D設計から曲線の新型3D設計へと改良されています。
永久磁石ロータが、ロータと小型ステータ電場間のずれをゼロにし、低消費電力で極めて強力なトル
クを提供しています。

カーボンーファイバーで強化された新複合材製のロータは、出力損失を最小限に抑え、エネルギー効
率の向上に寄与しています。

ステータ巻線は溝に入っているため、鉄製コアの外側に大量の銅線があるポンプ内で発生する熱損
失が防がれます。

グルンドフォスが独自に開発した統合差圧センサーは、流量を極めて正確に推定するため、より高効
率となっています。

空冷式パワーエレクトロニクス機器により、ポンプの液体温度動作範囲が-10°C~+110°Cに拡大し
ています。

改良されたI/Oパッケージには、アナログ入力が1点(0~10Vまたは4~20mA)(内蔵電源)、個別に構
成変更可能なリレー出力が2点、デジタル入力が3点付いています。

CIMモジュール用スロットを利用すれば、外付けハードウェア・プロトコル・コンポーネントを使用するこ
となくBMSゲートウェイを直接接続できます。

MAGNA3の改良コンポーネントをすべて示した一覧は、ここをクリックして表示される製品パンフレットで
確認してください(http://www.grundfos.com/products/find-product/magna3.html)。

 

流量制限とエネルギー計

流量制限と熱エネルギー計

 

pump, throttling valve, meter
製品パンフレットに記載されているポンプ、流量調整弁、メーターを表す3つのアイコン

MAGNA3の新機能のうち2つは、システムの複雑性を軽減し、MAGNA3をポンプ以上の製品としていま
す。

新FLOWLIMIT機能とFLOWADAPT制御モード(AUTOADAPT+最大流量制限機能)を使って、ご使用
のMAGNA3ポンプの最大流量制限値を設定することができます。 これによって全体のエネルギー効
率が改善され、MAGNA3をブースターポンプとして使用する場合にポンプ用流量調整弁が必要ありま
せん。

FLOWLIMIT機能はあらゆる制御モードで設定値のバランスを取る手間を省きます。というのも、ポンプ
流量が入力された最大流量を絶対に超えないからです。

また、MAGNA3には、システムのバランスが悪いことで電力使用量が過剰になる状態を防ぐために、
システムの熱エネルギーの配分と消費量を監視する熱エネルギー計も内蔵されています。 これによっ
て、システムに別途エネルギー測定装置を設置するコストが節約できます。

熱エネルギー計機能を利用するためには、戻り管の液体温度を測定するための外付けセンサーを追
加する必要があります。

内蔵熱エネルギー計はシステムの最適化には理想的なツールですが、請求額の計算には使用できま
せん。

 

モバイル制御

モバイル制御

 

Overview – iPhone, Android, iPod touch + dongle
概要-iPhone、Android、iPod Touch+ドングル

他のグルンドフォス製電子ポンプがすべてそうであるように、MAGNA3もApp StoreやGoogle Playから
無料でダウンロードできるGrundfos GOアプリケーションを使った監視と制御が可能です。

Grundfos GOを使えば直感的なワイヤレスでのポンプ制御が可能になり、グルンドフォスのオンラインツール群に
どこからでもアクセス可能です。

このアプリケーションを最大限利用するためには、ご使用のiPhoneやAndroid系スマートフォンに適し
たモバイルインターフェース(ドングル)が必要です。 現在スマートフォンをお持ちでなければ、iPod
Touchを含むGrundfos GO装置一式をグルンドフォスよりお求めいただくこともできます。
Grundfos GOを使えば直感的なワイヤレスでのポンプ制御が可能になり、グルンドフォスのオンライン
ツール群にどこからでもアクセスできます。

Grundfos GOなら参照リストから各ポンプを簡単に指定できます。 Grundfos GOで制御される複数の
ポンプが動作する作業現場では、ポンプ表示部の内蔵のウィンク機能を使えば、現在アプリケーショ
ンの制御対象となっているポンプが分かります。

また、デューティーポイント、履歴データ、消費電力、ポンプ速度、温度などのポンプのライブデータを
画面で受信できます。

内蔵されたPDFジェネレータを使えば、報告書作成時にこれらのデータをすべて簡単に収集できます。
PDF形式の報告書は、他のユーザーと共有することも、自分のEメールアドレスに送信することも、オフ
ィスに戻って印刷することも可能です。

 





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati