丁寧な水処理で質の高い飲料水を

27/10/2015

Careful treatment gives clean water

Romagna Acqueという水道事業会社は、イタリア北部に住む110万以上の人々に安全な飲料水を供給しています。

イタリア北部の町、ラベンナに住む人々は、蛇口をひねれば安全な飲料水を手に入れることができます。ここに至るまでの長い工程は誰も想像できないでしょう。市街地から遠く離れたRidracoliという湖からの水の移送だけでなく、地下水よりも有害なバクテリアが多い表層水をしっかりと処理することが必要だったのです。

「飲料水として消費されるとなれば、その成分は厳しく規制されます。そのため、水処理を行う際、様々な要因を考慮しなければいけません。中でも特に重要なのはバクテリアや微生物の殺菌です」Romagna Acque社のDavide Lolli氏はそう説明します。

ラベンナがあるロマーニャ州の住民に向けた飲料水処理を担うのは、まさにこの水道事業会社です。この地域ではごく普通のことです。北イタリア全土における飲料水供給の大部分は、表層水を元に行われてます。これは世界中に広がりを見せています。

 

安全で高品質を目指した協力体制

浄水プロセスに関する最善のソリューションが必要でした。そこで、Romagna Acque社では二酸化塩素を正確に注入する減菌処理をまず採用することに決めました。二酸化塩素の処理は従来の塩素処理よりも安全です。Romagna Acque社は、飲料水処理にグルンドフォスのISIA装置を採用しました。この装置の特徴は、二酸化塩素を直接水の中に注入することができる点であり、これにより空中浮遊汚染物質の危険性が排除されます。

「この装置は、二酸化塩素を精製する際リアクターをたくさん使用する必要がないため、非常に効率性に優れています。また、化学物質を最小限に抑えることにより、飲料水の中の副産物を劇的に減らし水質を向上させることができるのです」

それと同時に、このソリューションは、柔軟性に優れ特殊な要件を満たすことができます。


貴重な水資源

ISIAはイタリアの会社で、2013年秋からグルンドフォスに統合しました。グルンドフォスは、水処理の更なる発展につながる新たな機会を非常に歓迎しています。

「イタリアに住む私たちは、最適な方法で水資源を扱う必要があります。水資源を無駄にできません。最先端のソリューションを通じ、人々に品質の高い飲料水を供給することが私にとって重要なことなのです」グルンドフォスイタリアでダイレクターを務めるAngelo Colomboはそう話しました。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati