200万人に清浄水を供給するプロジェクト

02/12/2014

Water-leaders-team-up-to-reach-2-million-people

グルンドフォスは、世界最大規模の非営利団体と共同で、サハラ以南のアフリカ地域に暮らす人々に清浄水を供給するプロジェクトへの協力を表明しました。

グルンドフォスは、発展途上の国々で清浄水の供給に取り組んでいる”World Vision”という世界最大規模の非営利団体とパートナーシップを結び、この先5年に渡り、サハラ以南のアフリカ地域に暮らす200万もの人々に清浄水を供給するプロジェクトに取り組むことを発表しました。

 

“World Visionとグルンドフォスのパートナーシップにより、貧困地域に住む何百万もの人々が、清浄水を入手することができるようになるでしょう” そう語るのは、World Visionで給水部門の統括をしているGreg Allgood氏です。“それだけでなく、World Visionとグルンドフォスは、太陽光発電システムを使用することで自然エネルギーを最大限利用することを目指しているのです”

 

World visionは、サハラ以南のアフリカ地域で持続可能な給水方法を確立するため、今後数年以内にグルンドフォスの自然エネルギー対応ポンプを1,000台以上設置する予定です。World visionは、経済発展や医療、教育といったものから清浄水の供給まで、長期に渡り幅広い人道支援を行ってきており、すでに絶大な存在感を確立しています。

 

“このパートナーシップは、歴史上非常に重要であり、なおかつユニークなものです。貧困地域で暮らす人々が持続可能な生活を確立できるよう、World Visionとグルンドフォスは、清浄水供給という非常に重要な役目を果たすべく、今後も熱心に取り組みをしていきます” そう話すのは、グルンドフォスで戦略的パートナーシップのダイレクターを務めるRasoul D. Mikkelsenです。

 

World Visionが地域の共同水源に井戸を掘り、グルンドフォスの太陽エネルギー使用ポンプがタンクに貯水します。そして自動給水装置が効果的なモニタリングを実施し、長期的サポート・サービス・メンテナンスを可能にするのです。

 

World Visionは、この分野においてすでにリーダー的存在であり、世界の様々な村で200以上の給水システムを供給しています。

 

World Visionとグルンドフォスは、サハラ以南のアフリカ地域で給水をすることに加え、発展途上国で持続可能な方法で給水をすべく、知識や経験を共有しお互いに高め合いながら今後も取り組みを続けていきます。

 





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati