「世界水の日」に節水促進キャンペーンを実施

04/07/2014

世界水の日

「世界水の日」に節水促進キャンペーンを実施しました。

国連が定めた「世界水の日」(3月22日)にちなんで、グルンドフォスでは同月20日から Think Water Wise Campaign を実施しました。


具体的には、グループが持つすべての給水栓に節水アダプタを設置。その後ISSファシリティサービスの従業員によって、アダプタの設置に関する技術的な知識の講習会も実施されました。


結果、それまでは毎分10~18リットルだった使用量を4リットル以下に抑えることができています。ISSファシリティサービスの配管工、ジェッペ・クロードは笑顔でこう話します。


「アダプタの設置によって内部の圧力が上がり、給水栓の吐出口が外れるというハプニングがありましたが、きちんと対応でき、すべてが順調に進んでいます」


節水アダプタは、取り組みに賛同するグループの従業員にも提供され、各家庭での節水を促進。節水はもちろん水道料金の節約につながることもあって、多くの従業員の協力を得られました。グルンドフォスポンプ株式会社でも、積極的に参加する従業員が多く、計90個以上のアダプタを購入。購入したアダプタの代金の一部を含め、活動によって得られた利益はすべて、グルンドフォスがベトナムで取り組んでいるWater2Lifeプロジェクトに送られ、水環境改善の取り組みに役立てられます。





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati