SPCPインバータ自動運転ユニットが登場

20/03/2013

省エネ性に優れたインバータプログラム制御により、 基盤フリーを実現。機能性と小型化を両立し、 スペースの有効活用にも貢献します。

SPCP_200

【仕様】

用途 
取水:地下水の取水
農事:灌漑、畜産、スプリンクラー散水、水田
水道:都市水道、簡易水道
工場:工場用水
その他:河川取水、トンネル湧水排水、加圧用、融雪用、養魚用

電源
三相200V、50Hz、200-220V、60Hz 
(50/60Hz共用ではありません)

                        出力
                           0.75kW、1.1kW、1.5kW、2.2kW、3.7kW

                        口径
                           25A、32A、40A、50A
【特長】

SPCP迚ケ髟キ_400

吐出圧力一定/省エネ/省スペース
インバータ運転による吐出圧力一定給水により、従来の大型圧力タンク式制御と比べ、安 定した吐出圧力、省エネルギー化、省設置スペースといった利点が生まれます。また流量スイッチにより、少流量(10ℓ/min.以下)をすばやく感知して 運転を停止し、無駄な運転を行いません。


主要接液部
ステンレス製ポンプ、電動機はステンレス(SUS304)、自動運転ユニット部配管・地上部(曲管付井戸蓋)もステンレス鋳物製(SCS13)を標準採用しました。従来の鋳鉄製に比べ、耐候性と耐食性に優れたステンレス製は外観も美しく、より長い期間の使用が可能です。


屋外に設置可能(保護カバー標準装備)
自動運転ユニット部は保護カバー標準装備のため、屋外に設置可能です。(但し、屋根・軒下等への設置など、直射日光を避けていただくことを推奨します。また、ピット内への設置はおやめください)





    Facebook Twitter LinkedIn Technorati